その手に抱いて欲しい

専門だからできること

その手に抱くまで漢方でサポート。自然妊娠、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精、ED、男性不妊、卵子提供など妊活漢方の相談に対応しています。

  • 2020年2月27日

「飲む目薬」が漢方には存在する

誰もが持ってるスマートフォン。目を酷使しすぎて疲れ目、かすみ目、視力低下、目の乾燥感(ドライアイ)などの相談が多くなっています。今回は、目の健康法について。 中国漢方の基本、体の各部がすべて有機的なつながっているということ。特に内臓と五竅(感覚器官) […]

  • 2020年2月26日

不妊治療と漢方でできること

病院での不妊治療はステップアップ治療が多いようです。漢方で、ステップアップ治療をしながらでもできることが有るんです。 ステップ1 病院での不妊検査 不妊検査で原因がわからないことを機能性不妊といいます。原因がわからないといのは少し違います。妊娠できな […]

  • 2020年2月25日

睡眠不足が免疫を下げ思わぬ行動にでる

睡眠不足が争いの原因に 夫婦げんかの原因って、凄くささいなことって言われます。でも、当事者は、本気で怒っています。ある調査によると、原因の多くが寝不足だとのこと。実際、寝不足によって、イライラしやすかったり、不安になったり、攻撃的になるといわれていま […]

  • 2020年2月24日

妊活は今より健康に「基礎体温」で気づくコト(無排卵)

不妊治療を始めるために 不妊相談をされる方の中には体調そのものが良くないのに、不妊治療だけを始めたいという方がおられます。基礎体温の時期によって漢方薬を使い分けたり病院での不妊治療に合わせた漢方を使い分けるなど、いろいろなタイプの不妊に対応していきま […]

  • 2020年2月23日

流感(ウイルス)と板藍のど飴(品薄)

流感につかえ、副作用もない清熱解毒 今年の冬は寒暖差が激しく、体調を崩して、流感(インフルエンザ)や各種の感染症にもかかりやすい季節に。特に新型肺炎(コロナウイルス)などで、漢方生薬が品薄状態に。今現在、保健所や医療機関では厳重警戒を呼びかけています […]

  • 2020年2月22日

鼻炎と縁を切りたい(春先に多い相談)

蓄膿症には炎症抑え通りよくする生薬を 鼻の病気といえば、春先のアレルギー性鼻炎といえるくらい相談数が多いんです。その中でも特に蓄膿症で悩んでいる人が多いんです。 集中力にも影響 蓄膿症は、細菌の感染によって起こる副鼻腔の炎症で、頑固な鼻づまり、頭痛な […]

  • 2020年2月21日

2月すでに花粉が飛んでいるらしい

花粉症根治は「正気」高めて 今年は、全く雪が無い2月。青森市の2月は大雪なんですけどね。道路に雪は、、、、ありません😀もう春。春と言えば、花粉😅今年こそ、花粉症を治してみませんか。 漢方は花粉だけが原因とは考えない 今年は少し早いですが同じ時期気に日 […]

  • 2020年2月20日

肥満と運動が着床の成績への影響がわかってきた

不妊治療とダイエットの関連について 不妊治療(妊活)の問い合わせで多いのがダイエットについてです。実際、ダイエットして妊娠された方も多くおられます。全ての方がダイエットして良いかというと、難しいと思っています。あくまでも、健康になるためのダイエットと […]

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG