その手に抱いてください

まだ、間に合います

出産までが妊活のゴール。自然妊娠、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精、ED、男性不妊、卵子提供など妊活漢方の相談に対応しています。

  • 2020年10月22日

卵子の育ち改善「卵巣活性化療法」最新不妊治療

卵子の育ちを良くする治療 2020年9月 再生医療の承認がおり新しく始まった最新医療の情報をお送り致します。 『PFC-FD卵巣注入法による卵巣活性化療法』 聞きなれない横文字が並んでいますが・・・ 簡単に言うと自分の血液から血小板を取り出 […]

  • 2020年10月19日

元気の「気」を補給する食材と薬を知る

体質に合った薬物・食べ物で体に“元気”を補う 日頃なにげなく口にしている食べ物に、体を温めたり、冷やしたりする性質があることをご存知ですか?健康増進や未病(予防)対策のコツは、体質に合った薬物や食べ物を上手に活用することです。中医薬も食べ物も自然から […]

  • 2020年10月18日

不妊治療中の基礎体温は妊娠後も測定するべき?

基礎体温は妊娠中もつけたほうがいい? 妊娠初期を過ぎればやめてもOKです。 妊娠すると、基礎体温は高温期のまま体温が下がらなくなるので、基礎体温によっても妊娠を知ることができます。その後はずっと高温期が続くので、妊娠初期(4カ月くらいまで)を過ぎてか […]

  • 2020年10月17日

自分の体質って本当に冷え症?勘違いしやすい体質

体質ってナニ? 一般的な意味での「体質」とは。辞書には次の用に書かれています。 からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。「風邪をひきやすい体質」「特異体質」 Weblio辞書 漢方での体質は、もう少し複 […]

  • 2020年10月16日

妊娠中は痩せすぎないで

妊娠したら太ってはいけないの? 太りすぎは難産のリスクを高めます。これは、普通に注意されることですよね。なぜ、太りすぎがよくないのか? 妊娠時の体重増加の目安は1週500g、1カ月2kg、出産までに8〜10kgが理想(標準体重の人の場合)と言われてい […]

  • 2020年10月15日

若返り(アンチエイジング)は動くこと:漢方飲むより効果的

人は適度な運動で若さが保てる 運動は健康のもと、二千年前の中国・春秋戦国時代の養生家は、体を動かすことで体内の気血の流れが促進されることを知っており、生活養生の1つに運動を組み入れました。『呂氏春秋』には「流れる水は腐らず、(常に)開け閉めされる扉の […]

  • 2020年10月13日

「睡眠」という最強の漢方薬

健康の基本 誰もができるけど、誰もが難しい健康方法があります。これだけで、病気は相当、予防できるはず。 1) 小食(腹八分目)2) 適度な運動(歩くくらいのスピードで走る)3) 良質な睡眠 つまり食べ過ぎない、早く寝る、そして朝の散歩が最強の漢方薬か […]

  • 2020年10月12日

妊活中、生理が遅れたら、病院へいつ行ったらいいの?

2週間は待ってください 生理予定日とは関係なく、ゆうべもしかして妊娠した?と思っても、病院に行くのは2週間は待ちましょう。受精卵が子宮に着床して落ち着くまでは、子宮外妊娠などのリスクも含めて受精から2週間たたないと確認できないからです。病院では、子宮 […]

RANKING 週間TOP10

CATEGORY カテゴリごとの最新記事

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG