CATEGORY

漢方

  • 2020年6月25日

夏を遊ぶには食べて水分補給する

汗かく夏は水分生む食べ物を 6月なのに既に暑い青森。暑い夏はとにかく汗をかきますよね。汗をかくとサッパリしますが、実は疲労倦怠感、息切れ、動悸など、さまざまな身体の不調を引き起こすのも汗だったりします。中国漢方では汗を、からだ全体をみずみずしく保つ津 […]

  • 2020年6月24日

10年後も今のままの若さだった、やりたいことありますよね

若さとは「食」です 胃腸に負担をかけない食べ方や食べる時間帯が、老化防止を助けます。 食養生オススメ食べ方ベスト4 温かいものを食べるゆっくりとかんで食べる柔らかいものを食べる脂肪や塩けの少ないあっさりとしたものを食べる どれも老化で弱ってきた胃腸に […]

  • 2020年6月22日

ストレス発散してヤセるって最高

タイプC:ストレス太りの気滞太りタイプ 体質テストはこちらから 痩せない頑張りすぎダイエット 「気滞太り」は、精神状態と深いかかわりのある「気」のめぐりが悪くなっているため、ストレス解消にたくさん食べてしまう、イライラすると甘いものに手がのびる、とい […]

  • 2020年6月21日

40代でも太らない自分を想像して

タイプB:いわゆる中年太りの腎虚太りタイプ 体質テストはこちらから 女性ホルモンのバランスを調整するだけでヤセる 女性ホルモンや加齢と深いかかわりにあるのが「腎」。この「腎」の機能が低下して肥満につながるのが、「腎虚太り」です。更年期に近づく40代、 […]

  • 2020年6月20日

細い下半身になれるとしたら

A:下半身太りの気虚太りタイプ 体質テストはこちらから 下半身太りは胃腸の機能を整えるために食事を改善が効果的 もともと胃腸が弱く、食べたものをうまく利用できないために、老廃物や余分な水分が体内に蓄積されて、太ったり、むくみやすくなるのが「気虚太り」 […]

  • 2020年6月19日

ダイエット後リバウンドしなかったら嬉しいですよね

ダイエットは継続できる ダイエットが難しいのは、体重を落とすことではありませんよね。維持することが難しんです。つまり、ダイエットの継続であり、体重のコントロール。ゴールの見えないのがダイエットなんです。継続できないのは、我慢するから。 我慢を少なくす […]

  • 2020年6月18日

「医食同源」は日本語だった(中国へ逆輸入)

漢方では「食事は体の衰えを補うもの」なんです 中国漢方(中医学)では、日常の食事によって体や心の衰えを補い、健康を維持することを「食養生」といい、日々、若く生きていくための方法と考えています。 食材=漢方 食べ物はそれぞれ、体や心への作用や異なる性質 […]

  • 2020年6月16日

10年後、体と心が今のままだったら幸せかもしれません

周りをみてください 自分の年齢の10年後の人がいます。自分が、その人のようになりたいのか、それとも、今のままの心と体でいたいのか。人は必ず老化します。漢方は、黄帝が不老不死を求めてスタートしたと言われています。すでに、4000年。人の体で試しながら蓄 […]

  • 2020年6月11日

カゼ薬は夏と冬では別物

衣替えと同じカゼ薬も変えていきます 夏には涼しい服、冬には暖かい服。当たり前のことなのですが、ナゼかカゼ薬は季節に関係なく同じ薬を使いますよね。実際に寒くてカゼをひくのと、夏の暑い時期にひくカゼは、漢方で違うと考えられています。 夏カゼのための漢方薬 […]

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG