漢方
CATEGORY

漢方

  • 2021年10月20日

体温が低いから冷え症というわけではないらしい

冷え症って? まずは体温計で体温を測ってみてください。平熱なのに、何となく体が冷たく感じる。これが冷えの状態。 冷えは血圧や体重計で現れる体の変化と違います。つまり、個人の感覚のこと。自分の感じ方、自覚症状なんです。つまり数字などで、表すことが難しい […]

  • 2021年10月18日

もの忘れと認知症は違うんです

もの忘れと認知症の違い もの忘れには「加齢」によるものと「認知症」では違います。加齢の場合、脳の生理的な老化が原因です。この場合の特徴は一部のもの忘れで、チョットしたきっかけがあれば思い出せます。また、本人に自覚があるので日常生活に問題がないのがほと […]

  • 2021年10月17日

耳鳴りを軽減するために

日常生活でできる耳鳴り対策としてできること 耳鳴りは、治すことが難しいので、軽減する方法が一般的です。なぜなら、耳鳴りの原因として、耳、そのものに問題があることが少ないからです。 音響療法 耳鳴りよりも小さな音を聞き続けることで、軽減したように感じる […]

  • 2021年10月16日

冷え症には羊肉のワケ(マトンとラムの違いって?)

温める「マトン」「ラム」の違いって 羊肉って冬は効果的なんです。逆に夏は、控えめにしてほしいくらい。羊肉ってラムともマトンともいいます。 羊肉(ようにく)って読み方、知ってました。恥ずかしながら読み方、知りませんでした。 日本の場合、生後およそ12か […]

  • 2021年10月14日

耳鳴(じめい)・耳鳴り(みみなり)漢方を勉強すると漢字の凄さに気づく

耳鳴りと耳鳴って同じ 漢字ってスゴいよね。同じ漢字でも、読みが違うだけで、症状がイメージできるんですから。 耳鳴りは自分の回りでしているはずの音、意外の様々な音が聞こえる症状のこと。よく相談されるのがゴー、ザー、ジーという低い音、キーン、ピー、ミーン […]

  • 2021年10月12日

寒冷ジンマシン(蕁麻疹)原因がわからない病気って多いよね

寒冷じんましんとは 症状は他のジンマシンと同じで、赤みやミミズばれ、などが、かゆみを伴って数時間の経過で症状になってあらわれます。「外からクーラーの効いた部屋に入る」「冷たい外気に触れる」「プールや海に入る」などの他に「冷たいフローリングを素足で歩く […]

  • 2021年10月8日

漢方薬のファーストチョイスは葛根湯ではない:カゼの症状がでたらこれを使ってみて

意外と古すぎる葛根湯 根湯は、風邪薬として有名です。現在ではドラッグストアでも売られていて、漢方薬としても最も知られています。歴史はとても古く、紀元200年頃、中国の張仲景によって著された医書『傷寒論(しょうかんろん)』や『金匱要略(きんきようりゃく […]

  • 2021年10月7日

その胃痛、自分のせいじゃない:胃痛とストレスの関係

ストレスを我慢する傾向のある人は胃痛を起こしやすい 製薬メーカーのアンケートでストレスを我慢するタイプの人は、そうでない人に比べると胃痛を起こしやすいことが分かったんです。 理不尽なことを言われても我慢す場合、胃痛がある人は51.6%、胃痛のない人は […]

  • 2021年10月6日

「精力」と「骨密度」を増強するために必要なコト

骨粗鬆症と漢方 漢方では、食材、全てに食べる理由があります。健康になるための理論。医食同源などの言葉があるように、食べるコトが健康になる方法なんです。 骨は腎 漢方で骨や精を養うのは、腎の役割とされています。骨粗鬆症を防ぐには、腎の働きを活発にするこ […]

  • 2021年10月5日

顔のシワは乾燥から、漢方で内側から潤いを

乾燥小ジワ 気になりますよね。乾燥すると、どうしても皮膚に小さなシワができやすくなります。理由は、角層の保水力が低下して、肌表面に細かいシワになってしまうんです。 角層とは肌の最も外側にある0.02mmの極薄の細胞の重なりのこと。そこに水分を保つ「保 […]

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG