漢方
CATEGORY

漢方

  • 2020年4月1日

「健康な生理」知っていますか

生理痛ないのが正常と漢方では考えられています 漢方的には、生理のときは「痛みがない」と考えられています。下腹部のあたりが重い、だるい、くらいなら大丈夫。薬が飲みたくなるくらいの強い痛みがある場合、それはなんらかの異常のサイン。生理が始まって出血が多い […]

  • 2020年3月30日

女性特有のタイプ別体質改善 血が滞った「瘀血(おけつ)」編

血が滞った「瘀血(おけつ)」タイプ そもそも瘀血は漢方で使われる言葉で、血の流れがよくないという意味です。血の流れは、皆さんが思っている以上に広範囲で使われています。 症状 生理痛が重く、周期が遅れる生理の経血量が多く、粘りがある。レバー状の塊が目立 […]

  • 2020年3月28日

「7」は女性の数字

女性は「7」年ごとに体が変化します 漢方(中医学)では、7の倍数を女性の体の節目と考えています。7×2=14歳までに初潮7×7=49歳で閉経という女性のリズムは昔から変わっていません。大人の女性にとって、老化を防ぐために知っておいて欲しいのは更年期を […]

  • 2020年3月27日

誰もが認知症になる可能性がある

「補腎+活血化瘀」で認知症予防 有名人が認知症のカミングアウトをされるのには驚く。特に記憶にあるのは「私はアルツハイマー病」――レーガン元米大統領の告白。 急ピッチで高齢化が進む日本。認知症は、すでに深刻な社会問題になりつつある。先日も、帰宅途中、逆 […]

  • 2020年3月26日

白内障と漢方薬は使い方が難しい

白内障「陰虚」と「陽虚」で違う 中国漢方を勉強している先生から言われたことがあります。「漢方薬は効かなかったことがある」この先生、白内障に八味地黄丸がよいという記事をナニかで読んだらしく、一か月ほどまじめに服用したとのこと。ところが、症状が良くならな […]

  • 2020年3月24日

「腰痛大国」政治の弱腰はホントに腰が弱いから

正気高め腎を強化して腰痛改善 週刊誌や健康雑誌で、必ず特集が組まれるのが腰痛。男性では、治療を必要とするほどの腰痛を、57.1%が経験、女性では、51.1%が経験していると報告されています。つまり、2人に1人は腰痛に悩んだことがあるということです。メ […]

  • 2020年3月21日

胸は気の道、広げる漢方薬について

ストレスに開気丸 胃腸の気を流す 体質によってストレスが体に及ぼす影響が違います。一般的な漢方の考え方ではストレスによって肝の機能が低下した抑鬱状態になるとされています。では、一般的ではない場合ってどんな状態なのでしょう? 今回は同じストレスを受けて […]

  • 2020年3月19日

心の安定は熟睡すること不安を探さないこと

心神の安定 熟睡の重要な条件 中国漢方では、不安になることも「病」と考えています。今現在、この病が日本を脅かしています。 気合いや根性だと病は改善できない 中国漢方では心を神(精神) の舎る臓器と考えられていて、心の神、つまり精神の安定(安神)こそ入 […]

  • 2020年3月18日

子供の発育が心配なら漢方を試してみて欲しい

六味地黄丸で補腎、子供の発育促す もうすぐ入学式のシーズン。 今でも小学一年生の真新しいランドセルを見かけると子供の小さい頃を思い出します。今回は子供の成長と漢方についてです。 幼児の成長には個人差があります。分かっていても小柄だったり、体力の弱いお […]

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG