SEARCH

「イライラ」の検索結果12件

  • 2020年4月1日

「健康な生理」知っていますか

生理痛ないのが正常と漢方では考えられています 漢方的には、生理のときは「痛みがない」と考えられています。下腹部のあたりが重い、だるい、くらいなら大丈夫。薬が飲みたくなるくらいの強い痛みがある場合、それはなんらかの異常のサイン。生理が始まって出血が多い […]

  • 2020年3月21日

胸は気の道、広げる漢方薬について

ストレスに開気丸 胃腸の気を流す 体質によってストレスが体に及ぼす影響が違います。一般的な漢方の考え方ではストレスによって肝の機能が低下した抑鬱状態になるとされています。では、一般的ではない場合ってどんな状態なのでしょう? 今回は同じストレスを受けて […]

  • 2020年3月19日

心の安定は熟睡すること不安を探さないこと

心神の安定 熟睡の重要な条件 中国漢方では、不安になることも「病」と考えています。今現在、この病が日本を脅かしています。 気合いや根性だと病は改善できない 中国漢方では心を神(精神) の舎る臓器と考えられていて、心の神、つまり精神の安定(安神)こそ入 […]

  • 2020年2月25日

睡眠不足が免疫を下げ思わぬ行動にでる

睡眠不足が争いの原因に 夫婦げんかの原因って、凄くささいなことって言われます。でも、当事者は、本気で怒っています。ある調査によると、原因の多くが寝不足だとのこと。実際、寝不足によって、イライラしやすかったり、不安になったり、攻撃的になるといわれていま […]

  • 2020年2月15日

サプリより眼精疲労に漢方薬「脳の疲労改善」

スマホ対策 気血の気分転換 大半の方がスマホを持つ今日、目の疲れが抜けず、眼精疲労が慢性化している方が多く相談に来られます。しかし目からの情報を処理しているのは、脳なんです。画面に表示されている情報を、脳が把握し、気持ちや持ち合わせの情報から分析して […]

  • 2020年1月8日

2020年に七草を食べる理由

令和2年。今年は子年です。 子年は新しい運気のサイクルの始まりです。植物に例えると成長に向かって種子が膨らみ始める時期であり、未来への大いなる可能性を感じる年。また、ねずみは「ねずみ算」と言う言葉があるほど、子どもをどんどん産んで数を増やしていくこと […]

  • 2020年1月5日

成人式は、なりたい大人になるための方法を選ぶ日

体をコントロールできない20歳 もうすぐ成人式。着物姿を見かける季節。古代中国では、20歳のことを「弱」といい、戴冠式をして成人であることを認めていました。弱冠という言葉は、ここから生まれたんです。 20歳の陰陽を調整「瀉火補腎丸」 20歳といえば身 […]

  • 2019年11月25日

舌診でわかる、お酒を控えるべき体質

酒類は控えめにしてほしい湿熱タイプ 最近、舌診がプチブームらしい😅ナゼかTwitterで舌診の反応がいいんです。今回は、お酒が合わない体質を舌で判断してみたいと思います。 舌を見ると、舌苔がべっとりと厚いうえに黄色っぽい人がいます。これは、体内にたま […]

  • 2019年11月11日

漢方で丸薬が減っている理由、職人不足

中国の国技かもしれない漢方薬 日本の国技・相撲は、力士だけでなく、行司や呼び出し、床山など、さまざまな裏方によって支えられていて、一つの社会を形づくっています。漢方も中国の国技のようなものだと思っています。裏方さんが、メッチャ重要。漢方という社会も、 […]

  • 2019年10月29日

ストレスへの対応②漢方薬がストレスの熱を鎮める

感情は臓腑を傷つけている 怒りは肝を傷つけ喜びは心悲しみは肺恐れは腎思い悩むと脾(消化器系)を傷つける といったように、中国漢方では喜怒哀楽の感情と各臓腑との間に強い強いつながりを考えられています。皆さんも、経験あると思いますが、悩むと胃が痛いってい […]

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG