多嚢胞性卵巣症候群への漢方専門店でのダイエット ④

DT‒1エキスで体重管理

多嚢胞性卵巣症候群の治療において、肥満の方は体重を減らすだけで月経不順が改善されることが再三言及されており、欧米で典型的症状とされる肥満は日本では少ないとはいえ、体重管理は重要であると考えます。

現在使用されている2007年の多嚢胞性卵巣症候群新診断基準策定の際に、インスリン抵抗性を考慮する余地はあるかが重点課題の一つとして検討されました。
インスリン抵抗性の測定が一般化していない状態が推察されたため却下されましたが、今後の研究次第では重要視される可能性もあります。

ダイエットをしたい方にはDT‒1エキスがよいです。
これは桑の葉から抽出したデオキシノジリマイシンとタンポポの葉から抽出したタンポポT‒1エキスを合成した成分です。

桑の葉は糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を抑制します。
タンポポT‒1エキスは糖代謝を促進し血糖値を下げます。
さらに山査子と仏手柑を加えています。
山査子は胃腸を整えて消化不良を改善します。
仏手柑はむくみを改善し、毛細血管を強くします。

DT‒1エキスは糖尿病とダイエットをサポートするための商品です。
便秘の方は便通もよくなります。ダイエットの最大のハードルはリバウンドです。
糖の吸収を抑え、代謝を上げるDT‒1エキスはカプセルで手軽に飲むことができますので、食べる前の習慣にしてしまえば無理なく続けることができます。

最新情報をチェックしよう!

妊活の最新記事8件

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG