コーヒーのマニュアル(中医学的コーヒー学)

コーヒーだって使い方

コーヒーで話題になるのにカフェインがあります。
実際の量について調べてみました。
日本食品標準成分表2015(文部科学省)の報告が下記のようにされています。

(1)レギュラーコーヒー浸出液
 (ドリップ式で10gの中挽きレギュラーコーヒーを150mlの熱湯で浸出させたもの)
 →カフェイン量:100ml中に約60mg
(2)紅茶浸出液
 (茶5gを360mlの熱湯で1.5~4分間浸出させたもの)
 →カフェイン量:100ml中に約30mg
(3)煎茶浸出液
 (茶10gを430mlの湯(90℃)で1分間浸出させたもの)
 →カフェイン量:100ml中に約20mg
(4)ウーロン茶浸出液
 (茶15gを650mlの湯(90℃)で0.5分間浸出させたもの)
 →カフェイン量:100ml中に約20mg

この結果からですと、1杯のカフェイン量ではコーヒーが多いコトになります。
しかし、実際に飲む量が違うんです。
この報告ですと、コーヒーは150mlで調査されていて、これは約カップ1杯分となり、カフェイン量は90mgとなります。

緑茶は430mで調査されていて、これはペットボトル約1本分くらいで、カフェイン量は92mg相当。
コーヒー1杯分より多いことに。
意外と、カフェイン、摂っているんです。

つまり、コーヒーは1杯とペットボトルの緑茶を比べると緑茶の方がカフェイン量が多くなります。
小さい頃から緑茶を飲んでいますよね。
また、健康に良いと言われています。
でも、カフェインのコトは言われません。
逆にコーヒーの場合、カフェインのコトが凄く言われます。
本当にカフェインだけが、問題なのか、ということを考えてください。
日本人は、そもそもがカフェインを多めにとる国民なのかもしれません。

中医学でコーヒーは温性

では中医学的にコーヒーについて解説しますね。

コーヒーは温性とされています。
よく冷やすと感知がされている方がいますが、これは砂糖や甘いコーヒー風味が多いからです。
なんとかフラペチーノとか、甘く冷たい飲み物は、冷やします。

薬膳的な働きとしは、心を安らかにする安心作用、水はけを良くする利尿作用、酒の毒を出す解毒作用があります。
集中力高めたい時や、むくみがある時にもオススメ。
特に二日酔いなどにはいいかも。

また良い香りは気の回りを良くしてくれるので、ストレス対策にも。
飲み過ぎはもちろん駄目。

最新情報をチェックしよう!
>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG