AUTHOR

岩本益宏

ディズニーシーとコペンが大好きな子宝カウンセラー。94年(24年前)に体外受精で双子を授かりました。自分のやる気を信じない、短時間で効果が上がるのは全部ダメ、効率がイイものは学習もトレーニングもダイエットも妊活も必ずしんどい。しんどいのは続かないって思っています。 2019年度 子宝カウンセラーの会 会長。北東北中医薬研究会 会長。取り扱い商品にも特徴があります。

  • 2019年12月10日

妊活の基礎知識は「排卵」について

40歳以上の妊娠報告が増えています 昨日は44歳の誕生日を迎えた方が、なんと誕生日の日に妊娠判定が陽性 。それも、病院での判定。メッチャ嬉しい。妊娠の仕組みについての続きです。 前回の記事:排卵までのシステム 排卵 排卵は黄体ホルモンが大量に分泌され […]

  • 2019年12月9日

男性不妊の「まとめ」6本の論文でわかる年齢と精子

男性が40歳を越えると治療成績が下がる 体外受精や顕微授精を受けているカップにとって、女性の年齢に関係なく、男性が40歳以上になると年齢が高くなるほど治療成績が低下するという研究報告がオーストラリアのモナシュ大学からなされています。 Hum Repr […]

  • 2019年12月8日

インフルエンザ対策

12月に入って急に寒くなった青森市。今週末は冬型の気圧配置の影響で広い範囲で真冬の寒さに。今年は全国的に例年より早いインフルエンザの流行の兆しが出ています。また抗ウイルス薬が効かない耐性ウイルスが出現しており波紋を呼んでいます。 今年はインフルエンザ […]

  • 2019年12月7日

「妊活と電子たばこ」Appleの判断はAppStoreから180以上の電子タバコ関連アプリを削除

妊活(不妊治療)では男女ともに禁煙が常識 不妊治療、特に体外受精や顕微授精の場合、男女共に禁煙が常識となっています。それは、妊娠率という現実的な事実があるからです。 電子たばこはどうでしょう?私の周りの喫煙者は、電子たばこの方が健康に良いイメージを持 […]

  • 2019年12月5日

「時間の医学」漢方の診断方法「弁証論治」を使いこなす

「弁証論治」で機敏に対応 最近、漢方に関する番組が増えた様に感じます。中国漢方の医療現場がテレビでも紹介されたり。私も中国臨床研修でビックリしたのですが、ひと抱えもありそうな煎じ薬の大きな紙包みを持ち歩いている患者さん達。中国ではいったい何日分の薬を […]

  • 2019年12月4日

妊娠の仕組みについてのおさらい

排卵までのシステム 1)卵胞が育つことから 以前のブログ記事に詳しく書いています。今回は、とても大切なコトなので復習ですね。排卵の3ヶ月前から卵巣内にある原始卵胞から20代で約1000個の卵子が選ばれます。そして、月経が始まる頃には約20個の卵子が残 […]

  • 2019年12月3日

漢方の誤診「薬用いるのは兵を用いるがごとし」「生兵法はケガのもと」

以前に、虚・実判定の間違いによる誤診の続きです。「漢方診断で見かける虚実の間違いは体調を崩す」 漢方での素人とプロの違い 症状などが、ハッキリとしている場合は、判断しやすいのですが、ほとんどの場合、多くの症状が複合的に重なっていることが多いんです。特 […]

  • 2019年12月2日

体温が下がったら排卵なの?

基礎体温を記録してみる 妊活を始めるのに、自分でできること。基礎体温の記録がオススメ。記録することで、おおまかな月経の周期や排卵の有無の判断基準になります。できれば、毎日ですが、忘れても問題ありません。まずは、3ヶ月を目標に試してみましょう。二層にな […]

  • 2019年12月1日

漢方を知らない専門家が漢方を選んでいる現在

東洋医学学んで薬の誤用しないように 漢方エキス製剤の保険適用は1976年から43年。日本でも漢方薬を使用する医師が増続けています。漢方が広まるのはメッチャ嬉しい話なんですけど使い方には問題があるように感じています。 漢方という考え方では、病名より本人 […]

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG