見た目と違う喫煙は運動能力の高い精子のDNAに損傷を与えている

男性の精子が正常というのは見た目だけかも

近話題の精子クロマチン構造検査(SCSA)を使った論文です。
最近、精子に関しての論文が多くなってきています。
見た目と、実際の精子に違いがあることが多いからなんです。
病院などの検査も、見た目だけでは判断できないことがエビデンスなどでわかってきたんです。
現在(2019年11月)、病院で精子が正常と言われていても、実際には違う可能性があるということなんです。

『喫煙は運動能力の高い精子のDNAに損傷を与える』

Fertility and Sterility Advance online publication

喫煙は運動能力の高い精子のDNAを損傷することが、スペインのバルセロナ大学の研究チームの試験で明らかになりました。

99人の精液を使って、スイムアップ法※による運動能力の高い精子の選別の前後に、喫煙者と非喫煙者の精子のDNAの断片化の程度を精子核クロマチン解析によって比較しました。

その結果、精子の選別前では喫煙者と非喫煙者の精子には違いがみられなかったのですが、運動能力の高い精子だけを選別した後では、喫煙者の精子は、非喫煙者のそれに比べて、DNAの断片化が顕著でした。

論文の著者は、喫煙の害によるDNAの損傷が運動能力の高い精子だけにみられることは、喫煙の男性の妊孕性への害が発見されないおそれがあると指摘しています。

※スイムアップ法
運動能力の高い精子を選別する方法の一種。培養液の中に精液をいれ、時間の経過とともに表面に泳いでくる精子を回収する。

喫煙は精子の数や運動率を低下させることは知られていますが、今回、喫煙は、運動能力の高い精子のDNAを損傷すると報告されました。

精液検査が良好でも喫煙による男性不妊が引き起こされている可能性があるということです。

運動能力の高い精子は、当然、卵子と受精する可能性が高いわけですから、タバコによってDNAの損傷を受けた精子による受精卵は、途中で成長を止めてしまう可能性が高くなります。

精液検査の結果にかかわらず、妊娠を希望する男性は禁煙するに越したことはないです。

また男性の精子は、毎日、新たにつくり続けられていますので、たとえば、治療のために精液を採取する前は、1日おきくらいの間隔で頻繁に射精したり、抗酸化サプリメント(松康泉)を摂取したりするとよいです。

英メンズクリニックでも松康泉は精子の酸化ストレスを軽減するために男性に使用していただいております。

最新情報をチェックしよう!

妊活の最新記事8件

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG