血液ドロドロ タイプD

「うるおい不足」のドロドロタイプ

症状・・・40代に多く、更年期とも深い関係が
□汗をかきやすい夏や、サウナのあとなどに肩がこりやすい
□顔に汗をかきやすく、上半身がほてりやすい
□のどが渇いているときに体調も悪い
□月経血が糸を引き、ネバネバしている
□舌の色が、赤くくすんでいる

特徴

加齢とともに失われる「うるおい」。
うるおい不足になると、肌や髪がかさつくばかりでなく、血中の水分も少なくなって、ドロドロと粘るようになります。
そして、手のひらや足の裏がほてる、頭や顔に汗をかきやすく、ほてりやすい、といった熱症状も表れます。
更年期にみられる顔からの発汗も、この「うるおい不足」にかかわる症状のひとつなんです。
うるおい不足には、加齢だけでなく生活習慣も関係しています。
辛いものや油っこいものの食べすぎ、汗のかきすぎなどがおもな原因なんです。

正しい水分補充

体がうるおい不足だと、のどが渇きやすく、不思議なコトに汗もかきやすくなるんです。
特に「汗っかき」でなくても、皮膚や呼吸から水分が蒸発し、血液ドロドロにつながる場合も考えられます。
汗はねっとりし、手のひらや足の裏、首がほてりやすく、水分補給が足りなかったり、スポーツやサウナで汗をかくと、肩こりや頭痛、疲労感などがある場合は注意してください。
やせ型で食べても太らない人、更年期が近い40歳以降に多いタイプですが、もともとうるおい不足の体質傾向がある人や、長期の薬の服用、生活習慣などがからうるおい不足になる場合も考えられます。
うるおいを正しくおぎなってください。

体を温めすぎる食材を避ける

うるおい不足の人が勘違いしているのが食材。
唐辛子、こしょう、山椒、辛子などの香辛料のとりすぎは、症状を悪化させます。
これらの香辛料は、体をほてらせるだけでなく、体のうるおいと奪い乾燥させる作用があります。
できるだけ食べないように。
また、油っこいものの食べすぎも、発汗やほてりなどの症状を悪化させます。
ふだんの食事は、あっさりとした味つけで、野菜中心がオススメ。

水分補給は野菜や果物で

水分の補給タイミングは、のどの渇き。
じつは、このタイプは放っておくと危険なんです。
血液が濃くなって、心臓に負担がかかることがあります。
水分補給は少量ずつ、こまめに行うこと。
なぜなら、がぶがぶと水を飲んでも、うまく体に吸収されない場合も多いからです。
みずみずしい野菜や果物でおだやかに水分補給をするのが理想。
特に、ぶどう、みかん、すいか、なす、トマト、小松菜、春菊、アスパラガスなどの野菜には、血液サラサラ効果もあって一石二鳥。

汗のかきすぎには要注意

血液サラサラのためには、適度に汗をかくのはよいことなのですが、うるおい不足の人は汗をかきやすい体質のため、ますますうるおいが消耗され、体調をくずしてしまいます。
炎天下でのスポーツやサウナなど、びっしょり汗をかくようなことは不向き。
また、汗をかきやすい夏は涼しい服装で、エアコンも冷えすぎない程度に利用すること。
繰り返しになりますが、水分補給には充分に気をくばってください。

珍しいプールでの水中運動がおすすめ

運動をするときには、汗のかきすぎき充分な注意が必要です。
オススメが水中運動。

ただし、体を動かせば、水中でも汗はかくので、運動後の水分補給はお忘れなく。

最新情報をチェックしよう!
>くすりの厚生会

くすりの厚生会

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421

CTR IMG