全身性エリテマトーデスと不妊治療

Q&A

質問

全身性エリテマトーデスという持病があります。
現在、プレドニン5mg、プラケニル200mg、プログラフ3mg服用しており、医師からは妊娠中も続けていいと言われましたが、本当に大丈夫なのか不安です。
赤ちゃんに影響はないですか?

回答

全身性エリテマトーデスにより血栓症が起こって不育症(流産)リスクが上がるので、服薬は必要となります。
流産のリスクか薬の副作用のどちらかを、選択するしかありません。
今は流産対策だと思って服薬をオススメします。

全身性エリテマトーデス

免疫が自分自身の皮膚、関節、腎臓や心臓など、全身の組織や臓器を攻撃してしまう膠原病(こうげんびょう)と呼ばれる病気の一つ。
日本全国に6~10万人の患者がいると推定されています。
男女比は1:9と女性が多く特に20歳代から40歳代の若い女性の発症が特徴となっています。

最新情報をチェックしよう!
>くすりの厚生会

くすりの厚生会

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421

CTR IMG