ミトコンドリアとコエンザイムの関係が気になる不妊治療

ナゼかミトコンドリアが気になる

最近、ミトコンドリアの質問が増えています。

今日はカナダの論文で「ミトコンドリアで働く栄養素を補充と、卵巣機能やミトコンドリアの活性度との関係」についてです。

ミトコンドリアで働く栄養素を補充と、卵巣機能やミトコンドリアの活性度との関係

カナダの不妊治療クリニックと大学の研究チームは、ミトコンドリアで働く栄養素を補充と、卵巣機能やミトコンドリアの活性度との関係を調べるために、8か月の高齢マウス40匹と対照群の10ヶ月の若いマウスに、18週間にわたって、コエンザイムQ10とレスベラトロール、アルファリポ酸の3つのミトコンドリアで働くとされる栄養成分を、それぞれ、ランダムに分けて、摂取させました。

摂取期間終了後、卵巣刺激を行ったところ、コエンザイムQ10を摂取させたマウスのグループでは、卵巣刺激によって成熟した卵子の数が顕著に多く(11.7対19.2)、活性酸素濃度が低く、ミトコンドリアの活性度が高くなりました。

このことから、高齢の不妊女性が、コエンザイムQ10のサプリメントを摂取することで、ミトコンドリアの活性度が高まり、卵巣機能が向上する可能性があると結論づけています。

高齢女性の卵子に若い女性の細胞質を注入することによって、妊娠率が若い女性のレベルに高まることが、これまでの研究で明らかになっていることから、卵子の質は細胞質のミトコンドリアの数や活性度で決定されると考え、年齢とともに減少するとされている、ミトコンドリアで働く栄養成分でを補充することで、卵巣の機能の向上が期待できるのではとの仮説のもとに実施された試験です。

DHEAの効果は?

ただし、一時期話題になったDHEAも、期待ほどの効果を得るには至っていないように、摂取すれば、確実に卵巣機能を高められ、妊娠の確率が高まるような栄養成分は、残念ながら、現段階では存在しません。

卵巣が健全に機能し、質のよい卵子が排卵される頻度を高めるためには、単一の栄養成分の摂取に期待するのではなく、バランスのとれた食事とウォーキングのような有酸素運動、そして、ストレスに負けない前向きなココロをつくること、そのうえで、栄養成分を補充するとすれば、ミトコンドリアで働くとされる、コエンザイムQ10やL-カルニチン、アルファリポ酸などが有効であると考えられます。

あくまで、特定の栄養成分に頼るのではなく、優先順位を間違えないことが大切です。

とにかく、年齢による卵巣機能の低下に打ち勝つには、これさえやっておけばとか、これさえ摂っておけばというようなことではなく、戦略的に取り組むことが大切です。

参照:Fertility and Sterility

最新情報をチェックしよう!

妊活の最新記事8件

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG