自由に生きるのに心の壁を乗り越える必要があるのかも

  • 2019年7月20日
  • 2019年7月20日
  • コペン
  • 172view

2シーターのオープンスポーツカー。
私の年代になると夢の車でした。それが、買える時代になったんです。軽自動車ですから (^_^)

いくら、手が届くようになったからと言っても、実際にオーナーになるには心の整理が必要です。今までとは、全く違う車。

私は、自分が保守的ではないと思っていたんですが、車を買い換えるときに「保守的」な自分に気付きました。変わりたくない自分。なんとなく、自由に生きているようで、そうでない自分。周りを気にして、思い通りに生きれない自分。どんな車だって、自分が乗りたい車でいいはずなんです。それなのに、欲しい車より、周りの目を気にしている自分に驚きました。

自分らしく生きる。
自由に生きる。
できることを自分の感情が邪魔していることがあります。

「できない」「無理」「恥ずかしい」
できないわけではなく、面倒くさかったり。不思議ですよね、自分らしくいきることが面倒くさいって。

コペンオーナーになって、行動してみました。チョット勇気が必要でしたけど。

オープンで街を走る
雪の中を疾走する

自分の時間が変わったんです。1人で行動するから迷惑なんてかけていないですよね。

自由に生きるのに心の壁を乗り越える必要があるのかもまずは、行動することが自分らしく自由に生きることなのかもしれません。

最新情報をチェックしよう!
>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG