目に見えないストレスより目に見える精子の数:女性へ応えれない男性不妊

精子ってストレスの影響を受けるの?

本当に現実として、男性の精子に問題が多すぎます。
不妊の原因の半分以上、男性に原因があると言われ続けています。
不妊治療をしていて、ある日、精子に問題があると言われたパートナーのショックを想像したことありますか?
いままで、女性に問題があると思い治療していたのに。
ある日、男性に問題があるという現実を知った時。
男性は、どう行動するべきなのでしょう。

パートナーへ、どう応えるのでしょうか。

男性不妊 ストレスと精子

今回は「男性の加齢に伴う、精子のDNA損傷と酸化ストレスとの関連」について調べた論文を紹介します。

「加齢により精子のDNA損傷と酸化ストレスは増加する」

DNA fragmentation of sperm: a radical examination of the contribution of oxidative stress and age in 16 945 semen samples

対象・方法

2010年から2018年に不妊症の検査を受けた16,945人の男性(平均年齢37.6歳)を対象にした後ろ向きコホート研究です。

男性患者を7つの年齢群(30歳未満、30-34歳、35-39歳、40-44歳、45-49歳、50-54歳、55歳以上)に分け、精子DNA断片化指数(DFI)、酸化ストレス付加物(OSA)、未熟精子率(HDS)を調べています。

結果

DFIとOSAは、30歳未満で最も低く、加齢とともに有意に増加し、55歳以上で最も高かったです。
一方、HDSは、30歳未満で最も高く、加齢とともに有意に減少し、55歳以上で最も低かったです。

また全体で、DFIが低い患者はOSAも低く、DFIが高い患者はOSAも高い結果となりました。

解説

精子の質は加齢とともに低下し、DNA損傷を持つ精子の割合が多い男性では、自然妊娠や人工授精の妊孕性が低下することはよく知られています。
さらに、精子DNAの損傷異常が流産率を高めるとの報告もあります。

この精子DNA損傷の主な原因の一つは酸化ストレスです。

しかし、男性の加齢、酸化ストレス、精子DNA損傷の関連は十分に明らかになっていませんでした。
そこで本論文では、約17,000人もの男性不妊患者を調べ、精子のDNA損傷と酸化状態に反映される精子の質が加齢とともに低下することを示しています。
ただし、加齢による男性のゲノムへの影響、胚の発育および染色体異常への影響、そして最終的には子供の健康への影響を評価するには、さらなる研究が必要です。

最新情報をチェックしよう!

妊活の最新記事8件

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG