生理痛は妊活に影響する?

妊活相談される方に生理痛で悩んでることがあります。生理は痛いものです。
それってホント?
みんなが痛いんだから仕方が無い。我慢する。鎮静剤を使うことがあたりまえ。
周囲でいますよね、薬を使わなくても過ごせている女性。

生理の時は、お腹や腰が重くなるくらいで、あまりに強い痛みがあるのは問題があるのかもしれないんです。まれに不妊の原因のになっていることも。病院での生理痛の対応は、子宮内膜症、子宮筋腫の場合や、子宮の収縮が強い場合に生理痛があると考えられています。

漢方では、大きく分けて三つの原因があるとしています。

1)淤血(おけつ)タイプ
原因として多いのが「おけつ」タイプです。 痛みは強く、腹部を刺すような痛みが特徴です。出血量も多く、固まりを含んでいることが。生理の血液も黒い感じに。
対策としては、生理中は冷やさないこと。漢方は活血薬を主に、体を温める漢方がオススメ。

2)気滞(きたい)タイプ
痛みにばらつきがあります。前回は激しい痛みがあったけど今回はそれほど痛くない、など。生理前から腹部や腰に張りや痛みが強くなり生理周期が安定していないことが多い。原因として「ストレス」があります。なるべく、ストレスを溜めない生活習慣をすることが大切。また女性のストレスに対応した漢方を上手く使うのも妊活に繋がります。

3)気血両虚(きけつりょうきょ)タイプ
生理の終わりごろから痛むタイプ。生理が終わっても痛みが残ることも。生理の血液は薄い色で水っぽく。体を十分休めること。
睡眠は大切。血を補い体を温める漢方がオススメ。

漢方では生理痛は薬を飲まなくても過ごせると考えられています。痛みから開放することが漢方のお仕事。

最新情報をチェックしよう!
>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG