タバコが妊娠を妨げている男性の妊活は禁煙から

禁煙のナニが問題なの

禁煙できない男性は言い訳が多い。
そもそも、禁煙するコトに、なんの問題があるのだろう。
特に不妊治療。
現実を無視したり、言い訳するのも喫煙者の特徴かも。

In vitro effects of nicotine on human spermatozoa
「実験環境においてニコチンがヒト精子に与える影響」
南アフリカのOyeyipo氏らが2013年のAndrologiaに発表した研究。

Andrologia

この研究では19歳から26歳の12人の被験者から得られた精子に液体に溶かしたニコチンを加えて、いくつかの濃度で精子の動きに与える影響を調べたものです。

評価項目としては、精子運動自動解析装置を用いた精子の運動の質と、蛍光顕微鏡を用いた先体反応を見ています。

先体反応前と後の精子の状態

先体反応とは精子が卵子の表面に接近した時に起こる反応で、受精に欠かせないものですが、卵子に接近していないのに先体反応が起きてしまうとその後の受精能力が失われてしまいます。

このような不必要な先体反応は化学物質や放射線などによって引き起こされるとされており、妊娠力の低下を招くと考えられています。

この研究では19歳から26歳の12人の被験者から得られた精子に液体に溶かしたニコチンを加えて、いくつかの濃度で精子の動きに与える影響を調べています。
評価項目は、精子運動自動解析装置を用いた精子の運動の質と、蛍光顕微鏡を用いた先体反応を見ています。

上の棒グラフは精液にニコチンを加えて30分後、60分後、120分後、180分後の精子の運動と先体反応を調べたものです。

これを見ると、ニコチン濃度が増える程、精子の運動の質は低下している事が分かります。
一方、先体反応についてはニコチン濃度が上昇するほどに反応が早まることが確認されています。

この研究ではさらに特殊な染色方法を用いて、精子の生存率を測定しています。

上の表を見ると、ニコチン濃度が高い程精子の生存率が低下していることが分かります。

ということで結論としては、

・ニコチン自体が精子の状態を悪化させる。
・ニコチン濃度が高いほどより悪影響は強い。

でした。

この実験は精子に直接ニコチンを添加しており、実際の喫煙の状況とは異なりますが、ニコチンそのものが精子に影響を与えるという意味で重要な報告かと思います。

結論として・・・
加熱式タバコも紙巻きたばこもニコチンの量はそれ程変わらないので男性の喫煙での精子への影響は加熱式タバコも紙巻きタバコもどちらも同じ。
妊活中の男性は禁煙するべきです。

最新情報をチェックしよう!

妊活の最新記事8件

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG