ストレスが原因かも男性不妊

ストレス対策がが男性妊活

自分チェック
・ストレス過多で忙しすぎる
・いつもイライラしている
・夜の帰宅が、9時以降で、慢性的な睡眠不足
・やる気が出ない、疲れが取れにくい

上記のチェック項目は妊活だけでなく、本来の「健康」への影響も大きくなります。
男性の妊活って、健康になることなんです。

仕事で多忙な毎日を送って、心身ともに疲れていても、大丈夫って思っている人は多いんです。
疲れていることを認めたくない男性。
大抵の場合、体のエネルギーである「気」が不足し、めぐりも滞り、精子も元気をなくした状態になるんです。
いくら若くても、限界を超えた労働やストレス過多な生活を続けると、体調も仕事の効率も確実に落ちて、効率が悪くなり、さらに長時間労働に。
この状態が続くと、さまざまな病気のきっかけになるんです。
本当の不妊になってしまう可能性も。
健康のためにも、妊娠力UPのためにも、ぜひ早めに自分の時間をコントロールしてみてください。

対策は自分の時間を自分のために使う

あまりに忙しいと平日は夜遅くまで仕事、土・日となると家でゴロゴロになりがち。
でも、平日と休日の生活リズムが違いすぎては逆に体に負担になります。
平日の仕事を30分だけでも早めに切り上げて、その分土・日に振り分けるのが理想。
でも、なかなか難しいんですよね。
休日に外出してしまうというのも1つの手段です。
思いきって山や海に出かける、好きな映画を見るなど、積極的に休日を楽しむ、自分の時間を自分のために使うという意識が大切。

可能なら残業は夜より早朝出勤

夜遅くまで働くことは、心にも体にも負担をかけます。
いっそのこと早起きをして、朝早めに出社するスタイルに切り替えた方が効率的です。
なかなか、難しいコトですけどね。
人に合わせるより、自分に周りを合わせさせるようにする。
通勤時間もずらすことができ、混んだ電車や渋滞も避けることができます。
渋滞していないのであれば、通勤がドライブになるかも。

オススメの足三里(ツボ)

消化器の機能を整え、「気」を生み出す作用があるツボ。
ひざの皿の外側のくぼみから指3本分下にあります。
疲れを感じるときはもちろん、毎日寝る前などに、気持ちよいと思えるくらいの強さでもむとよいでしょう。

中医学からのオススメ

睡眠や休養が充分にとれずにスタミナ不足になっているときには、補中益気湯、心脾顆粒、麦味参顆粒など、体のエネルギーである「気」を補う漢方薬がいいかも。
疲れからイライラしやすくなっているときは、「気」のめぐりを整えて、心を安定させる感應丸気、霊黄参、開気丸などがオススメ。

最新情報をチェックしよう!

妊活の最新記事8件

>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG