「AMH」妊活で気になる数値を改善する方法ってあるの

AMH(卵巣年齢)とよばれるホルモンを気にするのは普通です

AMHは抗ミュラー管ホルモンと呼ばれ、卵巣の中にこれから排卵にむけて発育する卵胞がどのくらいあるのかを知るための指標となります。
なので、数値が変わることは無いと思われがちです。
AMHの数値が卵子の数と=であれば。
実際は、あくまで指標であり、同じではないんです。

第65回日本生殖医学会で発表されたショウキT-1の論文について解説する4回目。

AMH値の異なる患者グループ間の胚盤胞到達率比較を解説致します。

AMH値の異なる患者グループ間の胚盤胞到達率比較

AMH値の異なる患者の胚盤胞到達率はグループ間で比較すると、服用グループは対照グループより明らかに高く、統計的有意差がある【AMH≦1.1:46.40% VS 29.41% (P=0.001)、AMH>1.1:85.94% VS 61.45%(P=3.83×10-11)】。

DE‐T1による胚盤胞到達率改善に関するメカニズム

研究により、DE-T1は卵胞顆粒膜細胞の表面受容体活性を整え、FSH受容体は卵胞顆粒膜細胞に存在する唯一の受容体である。
前段階の研究と本研究の結果を合わせて、DE-T1はIVF治療を受ける女性の胚盤胞到達率を著しく増加させ、そのメカニズムは卵胞顆粒膜細胞の数を増加し、顆粒膜細胞の衰弱を遅延することと関連する可能性があり、また原始卵胞細胞の閉鎖を減少し、それによる成熟卵細胞を増加することと関連する可能性がある。

DE‐T1による生児獲得率改善に関するメカニズム

本研究結果は、 DE‐T1がIVF女性の生児獲得率を有意に改善することを示した。
そのメカニズムを考えると、DE-T1は著しく患者の胚盤胞到達率を高めることで、更に多くの胚盤胞が胚移植に提供できることと関係がある。
一方、以前の基礎研究により、卵巣、子宮には多種の受容体が存在し、DE-T1は多種の受容体活性と、女性の生殖ホルモンのバランスを整え、卵子の成長、着床、胎児発育において役割を果たす 。

以上の2点から、DE-T1による生児獲得率の改善は胚盤到達得数の向上と胚盤胞の改善の両方の作用によるものと考えられる。

最新情報をチェックしよう!
>くすりの厚生会 県内2店舗

くすりの厚生会 県内2店舗

〒030-0803 青森県青森市安方1丁目3−3
Tel 017-722-4421


〒036-8003 青森県弘前市大字駅前町11−5
Tel 0172-36-5571

CTR IMG